【報告】留学発表会 & 懇親会@東海

概要 発表者は高校生3人、大学生11人の計14名でした。 また、観覧者は50名を超える人の中で発表会が名古屋大学で行われました。(立ち見が出るぐらいの大盛況!!!) 参加者のプレゼンの後に、発表者と観覧者との交流タイムがあり、閉会式という流れで行われ、 高校生の部 優秀賞1名、大学生の部 優秀賞1名 審査員特別賞 1名が表彰されました。

高校生の部

高校生の部では、3名の方々が自信を持ったプレゼンをおこないました! ガーナで教育支援を行った子、ファッションビジネスを勉強していた子、獣医を志している子と分野もやっていたこともバラバラで、どの話にも引き込まれてしまいました。 観覧者の多くが、高校生および高校生の保護者であったこともあり、熱心に高校生のトビタテ生の話を聞かれていました。 僕自身、高校生のトビタテ生の話を聞くのははじめてで、こんなに熱い思いを持って留学にいき、多くのことを学んでいるのかと驚きました。 しかも、たった2週間程度の活動でここまで変われるのかと!!! 僕自身が一番、心に残っているのは、トップバッターのガーナに留学した子。 トップバッターということもあり、緊張しながら自分が経験したことを一生懸命伝えようとしている姿に心打たれました。 後から、聞いた話では、親にもガーナに留学に行くのもなかなか伝えなかったらしい。。。 そして、トビタテに応募直前の夜を狙って、なぜガーナに行きたいのか、何をするかの資料を持って親にプレゼンしたらしいです。 高校生は、大学生よりも親を説得するのが大変みたい。 そんな中で、自分の考えを持って行動できるのは素晴らしいですね!

大学生の部

大学生の部では、11名の方々がプレゼンを行いました。 高校生とは異なり、長期の留学が大半です! 自分の専門を深ぼるために、海外の研究室で研究したり、自分とは全く違うことをやったりと、大学生らしい発表になりました。 僕自信が一番、心に残っているのは、世界一の日本酒ソムリエを目指して留学をした子。 全く自分の思い通りの留学にならない中、がむしゃらに活動して、なんとか自分の夢に近づけるよう努力されていました。 あと僕も、少し発表していました 笑 逆に、他の人のプレゼンのときの写真がない… 汗 (※ あれば送って下さい!)

交流タイム

3部構成で、留学体験者への質問(アイスブレイク)の後に、1部 地域ごとの交流会、2部 留学コース別の交流会、3部 全体の交流会でした。 アイスブレイクでは発表者が壇上に集まり、親は協力してくれたのかといった質問には2つに別れて、会場も盛り上がりました 笑 その後には、観覧に来られていた高校生候補生の保護者の方も交えて、留学について語り合いました。 やはり、保護者の方のお子さんに対する熱も高く、心配は大きいみたいですね。

結果発表

待ちに待った結果発表です。 結果は… 高校生の部 優秀賞 : ファッション・ビジネスで留学された 土田 さん 大学生の部 優秀賞 : 鉱山留学をした 渡邊 さん       審査員特別賞 : 建築留学をされた 久保田 さん 以上の方は、2月に行われる留学体験発表会@全国でプレゼンされます。 受賞おめでとうございます。

懇親会

留学体験発表会が終われば、懇親会。 トビタテ生以外も加わり、ざっくばらんな話ができる懇親会になりました。

まとめ

今回の留学体験発表会&懇親会を通して、東海のトビタテ生の絆を深めることができました。 また、今月の11/24には高校生のトビタテが主催する「トビタテフェス」も開催され、東海のトビタテ熱が高まってきています。 ← とまりぎ東海は大学生のトビタテ生としてお手伝いに行きます! 今後も、とまりぎ東海では、トビタテ生が交流できる場の提供と留学に一歩踏み出す人のサポートをして行きますので、楽しみにしていて下さい!]]>