【TOBITATE祭リレーブログ第3弾】ぼくとトビタテと同窓会

2019年7月3日

みなさん、こんにちは!

今年の8/31(土)文科省にて事務局と共催で、同窓会を開催します!!

そんな同窓会をつくっているメンバーの紹介とそれぞれの思いを綴るリレーブログ第3弾!
今回はとびたて同窓組織とまりぎの副代表の私木下 功太郎(きのした こうたろう)が書かせていただきます(*^▽^*)

同窓会に行きたい!と思った方はぜひこちらの応募フォームから登録よろしくお願いいたします(^O^)
とまりぎ同窓会2019「TOBITATE祭〜集う・繋がる・創っていく〜」

https://forms.gle/iH3nWgWg1H2sCfkMA
(共催:とまりぎ、トビタテ!留学JAPAN事務局)

 

ぼくとトビタテと同窓会

先日、トビタテ大学生コース11期の合格発表をうけ新たに540人近くがこのトビタテというコミュニティに仲間入りしました。

自分がトビタテ生に仲間入りしたのはちょうど今から3年前の2016年6月。

当時を振り返ると
これから始まる自分の留学生活や、ついにやりたかったことができるという思いで今までで一番ワクワクしていたんじゃないかと思うぐらいです笑

そんな期待に胸を膨らませて参加した壮行会。

一言で言うとカオス笑

専門や年齢だけじゃなくて
そこにいたのは

メチャクチャ熱く自分の夢や思いを語る人、

ちょっとキザででも的確なことを話してる人、
みんなの話に目をキラキラさせながら楽しむ人

あぁ多様性ってこういうのもあるな。なんてことが印象に残っていて

それと同時にみんなが輝きすぎて
自分が持っていないものばかり目に入ってしまい不安になったりちょっぴりもやもやもしたりして。。。

そんな刺激的な壮行会を終えてからもトビタテからはいろいろな出会いや経験をもらいました。

あるとき、そんなトビタテでのご縁から
第一回同窓会を東京で行うので参加してみませんか?といったお話をいただきました。

留学にも行っていないし、鳥取で学生をしている自分には全然東京のトビタテ生とも知り合いになっていないから
ちょっと気が引けるなと思う反面、壮行会の時の楽しさを、あの刺激をまた味わいたいなと思う面もあった当時は

すぐに決めれずに結局一週間近く迷ってから
不安だけどきっと自分にとってプラスになる!と半ば投げやりに参加することを決めました。

実際に同窓会に参加してみると

まだまだトビタテのことや知り合いがいない自分でも楽しめるものや
雰囲気に圧倒されていた自分に声をかけてくれた先輩トビタテ生がいたりして

本当に楽しく過ごせたうえに結局最後の打ち上げまで参加させてもらいました。

あの時の同窓会からもちょうど3年
あの時参加するかすらも迷っていた1トビタテ生の自分が今度はその同窓会を創る1人になりました。

とまりぎやトビタテのコミュニティの素晴らしさは繋や松下さんがわかりやすく、情熱的に触れてくれています。

だからこそ、この場を借りて
3年前に不安を抱えたまま同窓会に参加した自分からはもう一つ別のメッセージを

今回の同窓会ですごく大事にしたいことは
本当の意味でどんなトビタテ生が来ても来てよかったと思える場を皆さんと一緒に作っていきたいということです。

1期生も、11期生も、高校生コースも、地域人材のトビタテ生も
トビタテ生ならみんなが楽しめる場づくりを目指してこれからも頑張っていきますので

少し参加に対して不安に思っているあなたも心配せずに参加してみてください!
ちょっとしたことですが、あなたの参加がまたいろいろな出会いや繋がりをうみ
このトビタテというコミュニティをより大きく、進化させていくと僕は信じています。

皆さんと当日会場でおあいできるのを楽しみにしています(*^▽^*)

応募はこちらから!!
https://forms.gle/ph1gUVCT1fM9Sp927

イベントページ
https://www.facebook.com/events/2752537884787641/