第55回 とまりぎインタビュー:加藤理心さん【世界へ開いたオリパラ飯】後篇 


皆さん、こんにちは!
トビタテ事務局インターン生の梅木太郎です!
前篇は料理留学でアメリカに留学していた加藤理心さんの帰国後についてインタビューしました!
第55回とまりぎインタビュー:加藤理心さん【”愛”を届けるヴィーガン料理人】前篇

 

後篇は10/4開催されたイベント【トビタテ生∞Beyondミーティング~スポーツ×社会課題解決=2020の先の未来を創る~】でケータリングサービスとしてヴィーガン料理を提供してくださった時の感想をお聞きしました!

 


 

梅木:先日はイベントでケータリングサービスを引き受けていただきありがとうございました!理心さんに作っていただいたヴィーガン料理はどれも美味しかったです。
会場の皆様にも大変好評で、ケータリングをお願いして本当に良かったです!

加藤:そう言っていただけると嬉しいです!自分自身とても勇気の出る素晴らしい経験をさせて頂けたと思っています。

梅木:”勇気”ですか?

加藤:はい。先日もお話しさせていただいた通り、社会人になってからめっきり人前に出ることが減っていたので、自分のスタイルを人様に表現するのは正直、ど緊張。勇気が要るものだったんです。きっとこの感情、社会人になったトビタテ生に多いんだろうなぁと思っています。きらきらした留学時代があったからこそ淡々としている日々に引け目を感じてしまっている。もちろん、その日々は修業の毎日でかけがえのないものですが!だからこそ、今回の件で私も殻を破れたといいますか。一歩前へ夢実現へ踏み出せた気がしました。
ご依頼頂いたのが、一週間を切っていた事は、ここだけの話、無謀な挑戦状でしたけどね!(笑)それも含めて、すんばらしい機会と活力を与えて下さったイベント運営メンバーの皆様には、感謝の気持ちで、本当に本当に、いっぱいです。ありがとうございました。

梅木:イベント一週間を切っていたにも関わらず、無理難題な依頼を引き受けて頂きありがとうございました!イベントにお越しいただいた皆様が「美味しい!」と言いながら料理を食べている姿を見たとき、すごく嬉しくなりました!!料理はどんなコンセプトだったのでしょう?


加藤【料理人としての自覚の芽生え~打倒、父!!~】にもあるように、肉食の、特にジャンクフードが大好きな方々にも美味しく召し上がって頂けるようなメニュー構成に致しました。ビーガン料理を決して押し付けがましいものにしたくなくって。まずは、気軽に一口っっ!ジャンキーで健康的に、ただ美味しい!をコンセプトに、且つ国内外問わず、私が学んできた食をビーガンで表現させて頂きました。もちろん、秋っぽさも取り入れて!


<理心さんがイベントで提供したヴィーガン料理>


<ヴィーガン料理を囲む参加者の方々>
梅木:気軽に一口っっ!!まさにその通りでしたね!ただただ美味しくて気が付けばどんどん料理を頬張っている自分がいました(笑)どの料理も美味しかったです。理心さんが独立される日が楽しみですね!

加藤:実は宮城県で独立しようと思っていて、年内には実現させようと日々挑戦中です!!ギリギリ、オリパラに間に合った!という感じですが(笑)

梅木:えっっ!!そうだったんですか!!それは楽しみですね!

加藤:実は今回の独立のお話も、トビタテ三期の冬木悠生君とのご縁によって生まれたもので、改めて、私の人生、トビタテのお陰様でわくわくし続けてる、と思っております。トビタテを通して留学して、本当に良かった!!! オープンした際にはまた周知させて頂きます!その時はどうぞ、遊びに来てくださいね!!!

梅木:勿論行きます!オープンしたら是非教えてください!飛んでいきます!この度は本当にありがとうございました!理心さんのネクストチャレンジ、心より応援しています!!


・加藤理心さんの活動を応援したい人!
・ヴィーガン料理に関心がある人!
・料理留学に興味関心がある人!

加藤理心さんのFBアカウントこちらから