第56回とまりぎインタビュー:塩多 美菜さん【視野を広げる限界を広げる留学】

みなさんこんにちは、高校3期の積千夏です。今回は高校2期生でオーストラリアに留学していた塩多美菜さんの留学体験談です!

トビタテ!留学JAPANでの留学

塩多美菜さん
高校2期
アカデミックショート

 

積)朝早くにありがとう!今日はよろしくお願いします!

塩多)よろしくお願いします!

積)留学したきっかけを教えてください!

塩多)母の勧めですね!英語力も伸ばしたいとも思っていたので。お父さんもグローバル関係の仕事をしているので!

積)親から反対されないなんてうらやましい!何でオーストラリアのアデレードに留学をしたの?

塩多)祖母がオーストラリアに住んでいるのでオーストラリアにはよく行っていました。でもアデレードには行ったことがなかったんです。あまり都会過ぎず、過ごしやすそうだし、シドニーとかメルボルンの都会と比べて物価も安かったのでアデレードにしました。

積)アデレードちょうどいい田舎だもんね!留学中は何をしていましたか?

塩多)現地校に通って、習っていた合気道を披露しました。合気道は道場に行って学んだり、学校で友達に披露しました。

積)合気道習っていたんだもんね!学校はどうでしたか?

塩多)楽しかったことも辛かったこともありました(笑)最終的にオーストラリア人の友達があまりできなかったのが悲しかった。でも、色々な国の友達ができたのが嬉しかったです。イタリア、スイス、ドイツとかヨーロッパ圏の友達がたくさんできました。私よりも年上の方が多かったから、妹みたいに可愛がってもらえて。同年代のオーストラリア人の友達は日本を好きな男の子がいて、親身になって宿題を手伝ってくれたり、今でも連絡を取っています。

「塩多」友人と40㎞のサイクリングに行った時の写真

友人と40㎞のサイクリングに行った時の写真

 

 

アジア人差別!?

積)良い友達だね!辛かったことは何があった??

塩多)ガムを投げられたことです。授業中に何か頭に当たったなと思ったらガムが落ちてて。何が何だか分からなかったですけど。

積)ひどい…私もアデレードに留学したことがあるからよく分かる。何かひどいこと言われたりはした?

塩多)面と向かってはなかったです。結局アジア人差別なのか、英語ができなくて差別されているのか分からなかったんですけど…。

積)あー確かにどっちか分からないね…。今後の目標はある?

塩多)所属しているアイセック・ジャパンの活動に注力したいなと思っています。

積)アイセックってどういうきっかけで入ったの?

 

 

トビタテ留学をしてから

塩多)トビタテで留学してから、アメリカの姉妹都市の交流でアメリカに行って、高校生国際会議にも参加したんです。それがきっかけで、海外との関係があるサークルにも入りたいなと思っていました。そこで海外インターンを通して社会課題を解決するということに魅力を感じてアイセックに入りました。

積)トビタテで留学してからアメリカにも行って、トビタテのアデレードでの活動や経験が活かされているね!

塩多)そうですね!きっかけとして色々挑戦するようになりました!

積)他にも何か目標があったりする?

塩多)ベトナムに留学したいなと思っています!お母さんがベトナム人で2年に1回くらい行っています。ベトナム語は英語より習得が難しそうなので長期留学をしたいなと思っています。

積)ベトナム語を勉強しているんだ!第二外国語で勉強してるの?

塩多)第二外国語にはなかったので独学で、ちょっとですが勉強しています。もっと勉強して留学前にある程度身につけないと…!

積)独学は大変だよね…!難しそうだけど頑張ってね!

「塩多」

AIESECのカンファレンスに参加した時の写真

 

編集後記

留学中に楽しい経験だけではなく、辛い経験をされていたと語っていた塩多さん。自分もアデレードに留学していたこともあり楽しくお話しさせていただきました。ベトナム語もアイセックの活動も応援しています。ありがとうございました。