トビタテ8期集まりレポート!!

こんにちは!トビタテ8期、トビタテ事務局インターンの大西です。2020年1月13日(月)に「トビタテ8期集まり」を開催しました!
当日は70名を超える方々が集まり、和気藹々とした雰囲気でとても盛り上がりました。今日はそのイベントのレポートを書いたので、シェアさせていただきます。

「トビタテ期集まり」とは

「トビタテ期集まり」は、トビタテ留学JAPAN日本代表プロジェクトの同期が留学後に集まり、お互いの留学経験や帰国後に取り組んでいることなどをシェアして交流を深めるイベントです。

今回は、2018年4月〜9月に留学をスタートしたトビタテ8期生の期集まりでした。イベントには約70名のトビタテ生が参加し、和気藹々とした雰囲気の中でお互いに交流する素敵な時間になりました😊

   受付には懐かしの8期募集ポスターも設置されていました

イベントの流れ

今回の期集まりでは、下記の4つのセッションが行われました。
1. オープニング
2. 船橋さんによるお話
3. アイスブレイク
4. 交流タイム

それぞれのコンテンツについて、様子を写真付きでレポートしていきます。

 

オープニング

まず、オープニングでは参加者全員での8期壮行会で流れた動画を鑑賞しました。2年前の自分たちが留学前の抱負を語る映像が流れました。当時の気持ちを思い出す素敵な時間でした😊

 

 

船橋さんのお話

オープニング後には日本に一時帰国中の船橋さんが、参加者に向けてご激励のお話をしてくださりました。多様な仲間を作ることで仕事がやりやすくなった経験や、社会人1-2年目での葛藤といった、留学前の壮行会では聞くことができなかった「仕事」をテーマにしたお話を聞くことができ、とても刺激を受けました。

 

 

アイスブレイク

アイスブレイクでは、他己紹介と暗記を組み合わせたゲームや、街コン形式での自己紹介カードの交換などを行いました。参加者のみんながお互いを楽しく知ることができる素敵な時間でした☺️

 

 

交流タイム

交流タイムは、久しぶりに会うトビタテ同期生同士で、選考当時の思い出話や帰国後の取り組みなどをシェアしあってとても盛り上がりました。同期とはいえトビタテ8期生は約450人いるため初めて会う人も多く、新しい素敵な出会いも多く生まれていました😊

また、交流会の中ではトビタテ代表の荒畦さんによるトビタテの取り組み紹介や、トビタテ同窓組織の「とまりぎ」メンバーによる活動紹介、2月に開催するトビタテ文化祭実行委員によるイベント紹介などもあり、トビタテコミュニティらしい多様で活発な動きを感じることができました。

 

 

イベントの感想

今回の8期集まりは「トビタテ8期生」が対象のイベントとしてはトビタテ壮行会以来であったため、同期との2年ぶりの再会に少しだけ緊張していましたが、話してみるとみんなの留学や帰国後の経験を経た成長を感じることができ、壮行会の時以上の刺激を受けました。今回の8期集まりでは、改めてトビタテの繋がりの大切さを実感することができました。

次の同期集まりではもっと成長した場を見せることができるよう、これからも頑張っていきたいと思います!

           最後にはみんなで記念撮影。また集まりましょう!