【報告】トビタテ学習PFイベント「【徹底解剖】社会問題を解決するソーシャルビジネスの創り方」

2月23日(日)に文科省でトビタテ学習PFイベント【徹底解剖】社会問題を解決するソーシャルビジネスの創り方を行いました。

 

イベント概要

「“ソーシャルビジネス”しかやらない会社」である株式会社ボーダレス・ジャパンの代表取締役副社長鈴木雅剛さんをお招きして、「ソーシャルビジネスとは何か」という問いやソーシャルビジネスの意義、起業の際のビジネスモデルに必要な”ソーシャルコンセプト”という概念について紹介いただきました。

 

会場には社会課題に対して興味関心があるトビタテ生が集まり、ボーダレス・ジャパンがこれまで培った社会課題解決のノウハウを学んだり、自身が認識している課題に対してソーシャルコンセプトを考えたりしました。短時間ではありましたが、とても有意義な時間になりました。

 

講師

鈴木 雅剛
株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役副社長
1979年山口県出身。大学時代、やる気なくつまらなそうに働くバイト先の人々や、働きたくても働けない人々の存在を目の当たりにし、「世界で一番働きたい会社をつくる」ことを志す。現在は、社会問題の解決と同時に、仲間やその家族の幸せを実現する「いい会社」を増やし、世界へと拡げていくために、経営手法や共同体の仕組みづくりに取り組み、11カ国で33のソーシャルビジネスを展開している。

(講師の鈴木さん(右)と講義を受けるトビタテ生)

参加者の声

・社会問題解決に取り組んでいる同世代と繋がれたし、僕自身のやりたいこともかなりクリアにアウトプットできてフィードバックまで貰えて良い時間だった。想いを言語化するの大事だと思った。

・自分の身の回りで起きている課題について、全く違う分野の人から真剣なフィードバックを頂くことができて本当に嬉しかったです。そして、まだ自分の中で課題が整理されていないこともわかりました。今回得た気づきを今後に生かしていきたいです!

最後に

トビタテ学習プラットフォームでは、今後も随時、企画を実施予定です。
Facebookページにて最新の情報を発信していきますので、登録をお願いします!
トビタテ学習プラットフォームページ
※トビタテ学習プラットフォーム(PF)とは・・・
トビタテ生の留学後の継続的な成長促進と支援企業等との接点、コラボレーションの創出と同時にトビタテ生コミュニティの活性化を目指すものです。