とまりぎ とまりぎ ートビタテ生の拠り所、トビタテ生の和を作るー

第139回:~はじめての留学特集 vol.2 ~「はじめて英語を学ぶ子供たちを支援したい」佐々木里萌さん

青山実央【事務局インターン,大学12期】

青山実央【事務局インターン,大学12期】

2021.04.12

 

「海外初チャレンジ枠」で留学したトビタテ生を取り上げて,留学の動機や留学中の話,そして,その後に留学が与えた影響に関して紹介する「はじめての留学特集」。
 第2回はオーストラリアの小学校にインターン留学をした佐々木里萌さん。教師になるという目標を持った里萌さんがオーストラリアの小学校で目にした教育のスタイルはどのようなものだったのか。そして,留学の経験が今の里萌さんの考え方や将来にどのような影響を与えたのかを聞きました。
【インタビュアー:青山実央(事務局インターン,大学生等コース12期)】

今回のトビタテ生紹介

名前:佐々木里萌
トビタテの期・コース:大学10期・多様性人材コース
留学先:オーストラリアのメルボルン・ブリスベン
留学テーマ:オーストラリアの教育を小学校の外国語教育に取り入れる

留学前である2019年3月からトビタテ生の同窓会組織である「とまりぎ」の北信越支部で活動している。2021年度からは北信越地域支部代表として活動していく。帰国後の現在は児童養護施設で英語を教えている。

こんな拙い英語でも現地の人と会話できるのが楽しかった

― 海外に興味を持ったきっかけはなんですか?

 高校2年生の春にクラスで1週間だけ海外研修でオーストラリアのパースに行ったことがきっかけです。高校は理数科に通っていたので,英語に全く興味もないし,むしろ毛嫌いしてました。成績も1番下くらいだったんです。でも,そんな拙い英語力でも現地の人と会話できるということが楽しかったんです。
 それで,「このレベルでも意思疎通ができる英語ってすごい!」と思って,英語を勉強することに夢中になりました。

 

― トビタテで留学しようと思ったきっかけはなんですか?

 海外研修に行く前に大学生と高校生の交流会みたいなのがあったんです。そこにトビタテで留学した人がいたんです。その人も英語教育の分野で留学していて,話を聞いて「かっこいい!」と思ったんです。それがトビタテの出会いです。トビタテに出会ってから海外研修に行って,「長期で留学してみたい!」って思ったんです。その人に憧れている気持ちがあったので,それで大学に受かった時点で「絶対にトビタテに挑戦しよう!」「トビタテに受かったら留学しよう!」と心に決めていました。

 

― 教育に興味を持ったきっかけはなんですか?

 祖父母も両親も教員という家庭環境なので,自分も必然的に教員になるんだろうなと思っていました。海外研修で英語を使って会話することが楽しいって思うようになってからは英語の教員を目指すようになりました。
 小学校で英語の教員になろうと思ったのは,英語に最初につまずくポイントって小学校だなっておもったんです。自分自身が小学校のときに「be動詞って何?」っていうところから躓いて,ずっと嫌いだったんです。小さいころに感じた知らない言葉に対する恐怖心とか苦手意識とかって長い間頭に残ると思うんです。私も嫌だったので。そういう恐怖心とか苦手意識とかを取り除ける教員になりたいなと思っています。

 

― オーストラリアを選んだきっかけはなんですか?

 英語の先生になるんだったら,英語力も上げたいなと思っていたので,英語圏の国を選びました。でも,みんなが行っているところは嫌だなって思っていたんです。アメリカのイマージョン教育とかも調べたんですけど,レポートを見たときに「他の日本人の留学生もいて~」とかって書いてあると「いや!わたしは1人で行きたいんだ!」って思っていたんです。なので,最終的に日本人を1人ずつ学校に派遣してくれるオーストラリアの学校のプログラムを選びました。

 

― オーストラリアの教育の特徴は何ですか?

 オーストラリアの教育って授業の自由度が高いんです。教師の裁量で授業ができるんですよ。そこにとても魅力を感じました。日本って教科書ベースの授業が多いんですけど,オーストラリアはその先生が考えた生徒に合った単元を楽しく効果的に学習できる授業スタイルができるんです。そういう楽しくてアクティブな授業ができるようになったら,英語を嫌いになったり,苦手意識を盛ったりする子どもが減るんじゃないかともおもいました。

 

― 留学前に何か不安なこととかはありましたか?

 大学1年生のときにトビタテに応募したので,周りから「その年で行くの?」「もう留学に行くの?」って結構言われました。私の通っている教育学部の子たちは3年生になって教員免許が取れる状態になってから卒業論文の前に留学に行くのが主流なんですよ。だから,「今行くの?もったいなくない?」って言われるたびに,「いや!私が行きたいんだから別にいいでしょ!」とも思いながらも,内心ちょっと不安でした。周りの友達が乗っているレールから外れた気がしたんですよね。

あなたはいい先生になれるよ

― オーストラリアでの小学校インターンはどんな感じだったんですか?

 基本は現地の先生が行っている授業を見て学んでいました。それと算数とバスケの授業をしていました。算数は算数でも,パズルゲームとかクロスワードをする算数を教えていました。教材を作っているのも楽しかったです。派遣先の学校は1学年10人の小規模校で,算数と英語に力を入れていました。毎週水曜日は座学とかはとかはなくて,アートとか体育とかスイミングとかをして過ごしていました。あと,1年生から6年生までが一緒に授業を受ける縦割りの授業があったりしていました。毎日,1授業は子供たちが自由に過ごせる時間があったのも特徴でした。
 私はずっと田舎の小学校・中学校・高校と過ごしてきて,日本の典型的な学校の授業しか受けてこなかったので,縦割りの授業だったりとか算数の時間にパズルしていたりとか「これは授業としてありなの!?」って最初はギャップがすごかったですね。

 

― 特にギャップを感じた点は何ですか?

 日本の公立学校ってみんなで同じことをすることがいいこととされていて,その教師が示したレールに沿ってきちんと過ごしている子が「いい子」とみなされることが多いと思うんです。そうじゃなくていいっていう教育が驚きでしたね。毎日1授業は生徒自身が決めた好きなことをしていて,教員は何も言わないっていうこともありますし。
 教員自身の意識も私が知っている日本の学校の教員とは違いました。全校集会が毎日開かれていて,そこでは話を聞くというよりかは対話をするということが多かったです。子どもたちも言いたいことが言える時間で,その子どもたちが言ったことに対して「あなたの意見のここが素晴らしいね」という感想を言ったりしていました。そういう風にアクションをすることによって子どもの自己肯定感を高めていました。教員側にとっても子どもの考えが分かるし,対話を通じて結束を高めているという印象でした。

 

― 将来,里萌さんが教員になったときに取り入れたいなと思う授業はありましたか?

 フォニックスの教え方は取り入れたいなと思いました。
 中学生の英語学習の様子を見ていると,スペルが読めない,そして書けないという子が多いと感じます。そういった子たちに発音とかスペリングの規則性が分かるようになるまで,教えられれば,もっと楽に英語学習できるんじゃないかなって思いますね。

*フォニックス:英語において,綴り字と発音の間に規則性を明示し,正しい読み方の学習を容易にする学習方法の1つ。

 

― 具体的に現地ではどんな風にフォニックスを教えていたんですか?

 学習するターゲットの音を含む単語がたくさん含まれたストーリー性のある絵本を使っていました。
 その単語を1文字ごとにサウンドアウトしながら読んだあとに,くっつけるというのを繰り返していました。そのあとにワークをしていましたね。その演習をレベルをあげながら,6年生まで行っていました。

 

― 留学中の印象的な出来事はありましたか?

 「あなたはいい先生になれるよ」とインターン先の校長先生から言ってもらえたことです。インターンが始まって1ヶ月くらい経ったときに,「これって私が本当にやりたかったことなのかな」って思い始めたんです。
 そんな風に悩んでいるときも,SNSとかで日本の様子と見られるし,友達が大学生活のことをアップしていると,「あ,私は1年遅れるんだな,レールから外れたんだな」ってマイナスに考えてしまうことが多くなってしまったんです。留学前の周りからの反応もあったので。ただ休学して1年留学しているっていう経験が積み重なるだけなんですけどね。
 でも,自分から動かないと何も変わらないということは分かっていたので,1週間に1回,自分が経験したこと,感じたことや,「私だったらこの時こう対処する」といったことを書いて校長先生に提出するようにしたんです。そしたら,任せてもらえる仕事も増えた気がしました!それをインターン中にいったキャンプの最中に校長先生に「もう1度見せて」と言われて,見せたらこんな風に言ってもらえたんです。「あなたはいい先生になれるよ」って。英語で教育について語れたということも自信になったし,それを褒めてもらえたというのはとてもうれしかったです。これははじめて自分で策を考えて困難を乗り越えた経験でした。


インターン先の校長先生のお宅に招待してもらったときの写真

はじめて英語を学ぶ子供たちを支援したい

― 留学から帰ってきて始めたことはありますか?

 児童養護施設で英語を教え始めました。

 

― 児童養護施設で働いているときに,留学の経験が活かされているなと思うことはありますか?

英語に興味を持ってくれる子が増えました。50点くらいだった子が70点取ってくるようになったり。
「施設にいる私たちには留学という選択肢がそもそもない」って考えている子供たちが多いんですよね。18歳になったら施設を出ないといけないので。自分が留学できると思っている子が少ないから,もの珍しい人になっている気がします。(笑)それに,オーストラリアのことはよく聞かれるようになりました。「学校の授業で行きたい国にオーストラリアって書いた!」って言われると「かわいいなぁ」って思いますね。
 勉強することで見える世界も変わってくるし,その力を信じたいです。生まれてくる環境は選べないいし,生まれてきたところで決まってくる特権が不平等なのは違うなと思っています。ある程度しょうがないと分かっています。でも,将来,教員になったときにそういった差をなるべく是正できるようになりたいです。それが1人の教員のとしてアプローチでできるかどうか分からないですけど。

 

― そういう思いのなかで教員になること以外の将来の選択肢は里萌さんにはありますか?

 今のところは教員になろうと思っています。でも,50歳まで教員をしていたいかと言われると,「50歳まで教員はいやだ!」って思ってしまうんですよね。結婚・出産しても同じポジションがあるっていうことは安定という面ではいいかもしれませんけど。

 

― そういう風に考えるようになったのは留学が影響していますか?

 確かにそうかもしれないです。留学に行ったことによって,「もっと広い世界を見たい!」と思いましたね。 教育学部に通っているということもあって,留学に行ってなかったら,4年で卒業して一発で教員採用試験に受かって教員になるのがすごい人っていう環境で大学生活を過ごしていたかもしれないんですよ。でも,そのレールに沿った生活は休学して留学した時点で外れているから,「もう,自分の好きなことできればよくない!」っていう気持ちです。「教員になる!」っていう夢に一直線だった私を揺るがしてくれましたね,留学が(笑)

 

― トビタテで留学してよかったと思ったことはどんなことですか?

 つながりができたことですね。特に,とまりぎは私にとっては安心・安全な場所です。そんな場所で自分の心の内を話せる仲間ができたことがよかったです。友達と話せないようなことも話せるし,とまりぎだったらなんでも自分のことを受け入れてくれるという安心感がある場に出会えたことがよかったです。

 

― りほさんの今後の展望を教えてください。

「はじめて英語を学ぶ子供たちを支援したい」という気持ちは変わりません。小学校で英語の教員をしたいという思いも変わっていません。やっぱり,自分みたいに英語嫌いな子供たちをなくしたいという思いが強いので。それに留学が遠い存在だと思っている人たちにその選択肢を与えられる人になりたいです。留学に行きたいと思った人を支えられる存在にもなりたいです。

 

― 最後に留学を夢見る学生さんに向けてメッセージをお願いします。

 留学って思っていたよりも失敗も多いし,つらいことも多かったので,気持ちの浮き沈みの激しい1年でした。でも,はじめて海外に行って,気の合う外国の友達ができたり,校長先生に認めてもらえたり,間違いなく私が生きてきた中で1番つらくて,素晴らしくて最高の経験でした。留学した人にしか分からない良さが必ずあるはずです。なので,行けるときまできちんと準備して,留学に行ってほしいです。

今後のイベント future event

もっと見る

アクセス数 Count per Day

  • 総閲覧数:

    373584

  • 今日の閲覧数:

    14

  • 昨日の閲覧数:

    312

  • 月別閲覧数:

    6738

  • 総訪問者数:

    196552

  • 今日の訪問者数:

    12

  • 昨日の訪問者数:

    137