とまりぎ とまりぎ ートビタテ生の拠り所、トビタテ生の和を作るー

第288回:トビタテセブンルール〜#27 越川友菜さんのセブンルール〜

河本聖己【事務局インターン, 高校5期】

河本聖己【事務局インターン, 高校5期】

2023.08.30

セブンルールとは

高校生コース出身のトビタテ生の人生観を「セブンルール」として紹介しているものです。

 

今回のトビタテ生

名 前:越川友菜(こしかわ・ゆうな)さん
派遣期:高校生コース5期
コース:アカデミック・テイクオフ(約3週間)
渡航国:カナダ・バンクーバー
留学内容:
「オンライン診療を日本で普及させたい」というテーマで、スマホでの診療から薬の処方など一連の先進事例を学ぶ。現地でアプリ開発をしている企業等を訪問し、先進的な取り組みを知るとともに実態調査を行った。
現在の活動:
帰国後は企業の方と連携しネット記事を公開するなど活動を行った。現在は、国家公務員として省庁で勤務し、通商政策に携わる。

それではセブンルールで越川友菜さんの人生観を覗いてみましょう♪

 

1. 引き出しをたくさん持つこと


少しでも気になったことはチャレンジしてみる
色んなことに取り組んでいるお陰で趣味もたくさん!
美術館巡り、料理やダンスなど多彩な趣味を持つ
引き出しを沢山持つことで会話の種にもなるし、就活でも大きな武器になった

 

2. 写真のフォルダを常に整理してみる


旅先で沢山の写真を撮る
常に整理することで、必要・不要の決断が早くなった

 

3. 必ず予定を入れる


学生の頃とは違い、社会人は出かける時間が限られている
限られた時間を大切に使いたい
どんなにゆっくりしたい日でも、何かしら予定を立てて行動をする

 

4. ひとりの時間は音楽を聴く


朝の時間、移動時間、ご飯を食べる時など…
歌から元気をもらう

 

5. どんな些細なことでも意味を探す


社会人1年目なので大きな仕事に携われなくとも、必ずどこかに繋がっていると思う
小さな仕事でも土台なしに成り立たない
しんどい時でもモチベーションを見いだすことが出来る

 

6. フリクションペンを愛用する


メモはパソコンよりも手で取ることを心掛けている
書いてまとめたものを、常に目に付くところに置いておくことで、忘れないようにする

 

7. 自分をつくらない


トビタテでの留学を通して、自分をさらけ出す大切さを知った
オープンマインドでいることで、気を遣わなくても人と繋がることができる
いい人に思われようとするのではなく、自分の良い面を見て貰おうとする

 

以上、越川友菜さんのセブンルールでした!

Instagramでも高校生コース出身のトビタテ生のセブンルールを投稿しています。
よかったら覗いてみてください✨
https://instagram.com/hum_tobitate

今後のイベント future event

もっと見る

アクセス数 Count per Day

  • 総閲覧数:

    592751

  • 今日の閲覧数:

    1472

  • 昨日の閲覧数:

    262

  • 月別閲覧数:

    10611

  • 総訪問者数:

    307840

  • 今日の訪問者数:

    157

  • 昨日の訪問者数:

    144