とまりぎ とまりぎ ートビタテ生の拠り所、トビタテ生の和を作るー


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/tomarigi/tobitate-net.com/public_html/wp-content/themes/tomarigi/single.php on line 7

第154回とまりぎインタビュー:穴太智子さん【留学で見つけた将来の夢】

2021.05.17

みなさんこんにちは!高校3期生の積千夏です。今日は、私と同じく!!西オーストラリア州のパースに留学した穴太智子さんの留学体験談です。

トビタテ!留学JAPANでの留学

穴太智子さん

高校2期

アカデミックショート

オーストラリアを選んだ3つの理由

積)最初に、留学したきっかけを教えてください!

穴太)英語を学びたかったので英語圏にしようと決めていました。その中でもオーストラリアを選んだ理由は3つあります。

1つは多民族国家であることです。異なる文化を持つ民族が共存していることを実際に経験してみたいとずっと思っていたからです。
2つ目は、福祉先進国であることです。あまり知られていないかもしれませんが、オーストラリアは福祉の先進国でボランティアの精神が小さい頃から根付いています。実際に現地でボランティアをして現地の方と交流したいと思いました。また、医師を目指していたので、海外での医療を学びたいという思いもありました。
3つ目は、独自の文化や生態系があることです。動物が好きで、理系だったこともあり、オーストラリアの自然豊かな景色に惹かれました。

積)私もパースに絶滅危惧種の調査をテーマに留学したので、オーストラリア独自の生態系に興味あります。
なぜメジャーなメルボルンやシドニーではなく、パースを選んだんですか?

穴太)パースを選んだ理由は、留学先を決める時期に、テレビで「世界で一番住みやすい街、世界一美しい街」としてパースが紹介されていたことがきっかけです。そして語学学校ではなく、現地校に通えるプログラムがあることも決めてとなりました。

積)「世界一住みやすい街」ということで有名ですよね!ホームステイでしたか?

穴太)ホームステイでした。ホストファミリーが馬を飼っていたので、馬術をしていたホストシスターと一緒に毎日お世話をしたり乗馬を体験させてもらったりしました。

馬術をしていたホストシスターとの写真

病院見学とボランティア

積)留学中はどんな活動をされていましたか?

穴太)平日はホストシスターが通う現地の学校に通っていました。最初の2週間は2人のホストシスターと授業を受けていましたが、最終週は、海洋学や美術、インドネシア語などを学びました。
学校以外では、オーストラリアでは第二言語として日本語かインドネシア語をまなぶので、そのきっかけになるように現地の小学校で日本語を教えるボランティアに参加したり、現地の病院見学もしました。
英語を学ぶのではなくて、英語で学ぶことは難しかったですが、周りに助けてもらいながら、すごく楽しかったです。

積)学校だけではなく、病院見学やボランティアまでも参加されていたんですね!
何か印象的だったことはありますか?

穴太)プログラミングの授業や宿題がすべてパソコンであったりと、学校において電子化が進んでいることにも驚きました。
また、日本では学べない科目をとることもできて、学年に問わず一緒に学べる自由な授業はとても新鮮でした。
病院見学では、世界で当たり前だ思っていたことが違うことに気づき、医療システムの多様性を知り、世界の医療に興味を持ったとともに医師になりたいという思いがとても強くなりました。

積)私が通っていた学校もすごく電子化が進んでいるなと感じました!その留学の経験は何かに活かされていると思うことはありますか?

穴太)今、その夢の第一歩として、医学部に進学し、大学で医学を学んでいます。
また、ボランティアをすることが当たり前になっている環境を知ったことで、ボランティアをしたいと思うようになり、留学帰国後から高校を卒業するまで、語学ボランティアや老人ホームでのボランティア続けていました。

ボランティアでの写真

積)留学が現在に、とても活かされているんですね。

穴太)ホストシスターや留学で出会った方々ともっと話せるように英語の勉強も続けていて、昨年英検1級を取得しました。
この留学は、ホストファミリーや学校で出会った友達との楽しい思い出とともに、将来の夢や新しい価値観を見つける機会になりました。

積)語学の勉強にも力を入れているのですね。

海外の病院への留学を目指して

積)今後の目標や、挑戦したいことありますか?

穴太)医学部に進学したので、高学年になったら海外の病院への留学もしてみたいです。
英語でネイティブの人となんでも話し合える会話力をつけることも目標です。また、ホストファミリーにいつか会いに行けたらいいなと思います。

積)ホストファミリーとも、とてもいい関係だったんですね!
インタビューはこれで終わりです。素敵なお話をありがとうございました!

ホストファミリーとの1枚

編集後記

現地校に通学しながらも、病院見学やボランティアなど幅広く活動されていて、素敵だなと思いました。将来の夢に向かって今も努力している姿も素敵です。応援しています!

今後のイベント future event

もっと見る

アクセス数 Count per Day

  • 総閲覧数:

    371703

  • 今日の閲覧数:

    18

  • 昨日の閲覧数:

    211

  • 月別閲覧数:

    4857

  • 総訪問者数:

    195485

  • 今日の訪問者数:

    12

  • 昨日の訪問者数:

    125